トップ / インプラントとは

土地価格の流動化の情報

インプラントは体の機能を取り戻す

体に医療機器などを埋め込むインプラントは、失ったり低下した機能を取り戻せる技術で、歯科医療の分野でも使われます。機能が低下した心臓を支えるペースメーカーや、スポーツで損傷した関節に埋め込む人工的な物もそうですが、一般的に知られているのは歯の治療で、まとめて機能を失った場合に適した方法です。人工物を埋め込むインプラントなので、不安や違和感はありますが、安全性が考慮された素材が使われますし、古くから利用されてきた実績が存在します。確実に固定出来る方法ですから、重要性が高い場合に選ばれます。

インプラントで失った歯を作る

虫歯や歯周病が原因で、歯を失ってしまうことがあります。顎の骨にインプラントを埋め込むことで義歯を付けることが出来るようになります。1本から全ての歯までに対応することが出来るため、幅広い年代に利用されています。入れ歯であれば、安定性や清潔さが気になってしまいますがインプラントであれば通常の歯のように気にせず利用することが出来るようになります。残っている歯に負担を掛けることなく自然な歯を作ることが出来ると、口の中を気にせずに笑うことが出来るようになると良いですね。