トップ / 保育士のいる小児の歯科

土地価格の流動化の情報

小児歯科で虫歯対応を

幼児が喜ぶおやつは好きな時に食べさせていると検診を受けフッ素を塗っていても虫歯になります。小児歯科で2歳の幼児が虫歯になったときには、3歳になるまで虫歯治療をすることを避けます。それは、2歳では歯を触られ麻酔をしても泣き叫ぶだけで恐怖感だけ与えてしまうから、言葉の判断をすることができる3歳まで待つ方がいいという結論があるからです。3歳になった幼児は、確かに小児歯科に行っても医師の話を聞くことができますし、言っていることを理解しているとわかる顔をするのです。

歯科の定期検診は大切

歯科というと歯が痛くなったら行くところという感覚の人が多いと思います。そうではなく、定期検診を受け、自分のメンテナンスをしておくことが大切です。口腔のトラブルは全身症状につながります。例えば「噛む」という行為は、脳を刺激し、消化を助けます。また、口の中を清潔にしておくことが感染症を防ぐことにもつながるといわれています。きちんと歯を磨いている人であっても、歯ブラシでは取れない歯垢もあるものです。歯科の定期検診を受けることで、自分では落とせない汚れを落としてもらい、トラブルに対して早めに対処してもらえます。