トップ / 学校で歯科について習う

土地価格の流動化の情報

小児歯科でフッ素加工

幼児の歯を守ることは親の役目であり、毎日一緒に歯磨きをします。そして、小児歯科へ行きフッ素加工をしてもらうと更に歯をガードすることができ3ヶ月間は安心できるのです。幼児は、美味しいお菓子の味を覚えることが早く店に行けば自然と食べたくなる物も判断します。ですが、食べた後の歯のケアは親がしていても隅に溜まったカスは取り除けていないことが多く、その場所から酸化していくのです。小児歯科は、フロスやフッ素加工をして歯をケアしますから親が取り除けない部分があるのならきちんと連れていき、処置をしてもらうことが大切です。

歯科で歯石を除去するメリット

長い間歯垢が残ったまま放置していると、それは歯石へと変わり歯ブラシでは除去できなくなります。しかし、誰もが全く歯垢が残らないように歯を磨くことは非常に難しく、どうしても歯石はついてしまうでしょう。そこで、定期的に歯科で歯石を除去することが、非常に重要です。歯石を除去しないと歯の表面がザラザラになり、細菌が繁殖しやすい状態になります。歯茎が腫れ出血する、骨を溶ける、ということが起こり歯周病の原因になります。歯を健康に保つために、定期的に歯科に通って歯石を除去しましょう。