トップ / 歯科で歯周病を治療する

土地価格の流動化の情報

歯科での歯周病治療は

歯科の治療する病気の中でも多いものが、歯周病です。初期の段階では歯茎が赤く腫れたり、歯磨きの際に出血するといった症状があります。その後も放置して進行してしまいますと、歯がぐらぐらしたり、歯が抜けてしまうこともあります。歯を失う原因のトップでもある病気ですから、ぜひ治療をしましょう。歯科ではまずは口内のクリーニングを行い、歯周病菌を減らします。この治療法で多くの方が改善しますが、重度の場合には歯茎を切開して、歯石を取り除くなどの外科的な治療も行います。歯を失ってしまう前に、ぜひ検診を受けてみてください。

デンタルフロスで歯周病予防

虫歯予防への意識の高まりなどもあり、日本人の虫歯は減少してきました。一方、30歳以上の成人の約80%以上がかかっているといわれる歯周病は、いまだにその数が減少しておらず、現在の日本における歯の喪失原因の第1位となっています。歯ブラシだけでは落としきれない汚れが歯垢となり、そこに細菌が住みつき歯周病を引き起こします。初期症状では特に痛みなどはありませんが、症状が進行すると歯と歯肉の境目の歯周ポケットが深くなり、さらに進行すると歯が抜けおちてしまいます。