トップ / 歯科で体調が崩れたら

歯科での治療の情報

その症状、歯科治療が原因?

虫歯を治してもらいに歯科医院に行ったのに、どうもそれから体調がすぐれないということはありませんか?もしかしたら、それは金属アレルギーが原因かもしれません。金属の詰めものや被せものにはアレルギーの原因となる金属が含まれているので、それが口の中に溶け出すことによって体にさまざまな症状を引き起こしている場合があるのです。たとえば、口内炎や歯肉炎、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。これらの症状が出たからといって100%金属の詰め物などが原因だとは言い切れませんがその可能性もあるので、気になる方は歯科医院に行き、それが原因かどうかを調べてもらったほうが良いでしょう。それが原因だとわかれば、金属をやめ、セラミックなどの詰め物に交換してもらうことで、もしかしたら症状が治まるかもしれません。

治療材料とアレルギーについて

花粉症でもなく、特にかぶれの原因となるものも触っていないのに皮膚疾患にかかることがあります。そのときの原因として考えられるのが、歯科治療の際の治療材料による金属アレルギーです。今現在、治療をしていなくても、昔、詰めてもらった材料で起こることもあります。掌蹠膿疱症といって、特になにもしていないのに、手のひらや足のうらに突然、水疱ができる病気がありますが、この症状がでたときに疑われるものの一つに歯科治療があります。パッチテストといって、治療に使う材料を背中に少量塗布し、反応を見て、どの物質に対しアレルギーを起こすか調べます。その結果、治療材料が原因だとわかると、原因物質を取り除き、あらたに治療を行います。一見あまり関係なさそうなことがらも、何かの病気の原因になっていることがあるのです。