トップ / 歯科で保険適応外のもの

歯科での治療の情報

保険が適用される歯科矯正とは?

最近では子どもだけでなく、大人の方も歯科矯正をする方が増えてきましたが、気になるのがお値段ではないでしょうか。一般的な矯正治療は保険が適用されません。噛み合わせが悪いのを治したり、美しく見せるためにするのは、病気を治すということと直接関係がないので、適用されないことになっているのです。しかし、顎変形症などの場合には保険が適用されることがあります。顎変形症とは、顎の骨が大きく変形しているような状態をいいますが、その度合いが非常に大きい場合には適用されることが多くなっています。もしも自分が該当するのではないかという方は、一度歯科医院のほうへお問い合わせください。

矯正にも保険がかけられるのか

歯科で虫歯などを治療する場合には、健康保険が適応されるために安く治療費を抑えることができます。見た目のためだけに歯並びをきれいにしたい場合には、矯正をしても適応はされません。しかし、「歯並びが悪いことで噛みあわせが悪く、健康被害がある」との名目で歯列矯正を行う場合には、治療の分野に入るために健康保険が適応されることになります。ただし、上顎のみで30万円、上顎と下顎を合わせて50万円ほどを支払うのが相場とされており、歯科治療の中でも決して安いものではありません。ワイヤーやマウスピースを使ったさまざまな方法で歯並びを美しくすることができます。